10月14日 聖日 ~祈りの人~

題「祈りの人」(創世記 32章24-32節)~ まず自分が変えられる ~

 

「主に身を避けることは、人間に信頼するよりもよい。」(詩編118:8)

 

 ヤコブは、財産を2つに分けたり、贈り物をしたりと知恵を絞りました。同じように私たちもしばしば自分の力や知恵だけに頼ります。もちろん、そのような私たちの努力も大切ですが、まず神様に深く頼る祈りがなければならないはずです。それがあるなら、あなた自身が神様の取り扱いで変わります。

 まず自分が変わる、これが大切です。あなたが変わったらその祝福が家族や周囲の人に及ぶのです。自分が古いままでは、たとい周りの状況が変わっても、本当の解決ではありません。自分が相変わらずむなしいのです。

 ヤコブは、エサウと四百人いなくなって、状況が変わったから、もう大丈夫と思ったわけではありません。まず、自分が変わって、ヤコブからイスラエルになりました。そしてその背後には、主がおられることが分かったので「大丈夫、たとえ四百人が来ようとも、神様の御手の中にある」と信じて疑わないから安心しているのです。これが本当の解決なのです。

 実際ヤコブは新しい人生に導かれていきました。