11月25日聖日  ~心のいやし~

題「心のいやし」(詩篇 139章23・24節)

 

聖書

神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。

私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。

傷ついた道 = 心のキズ(傷)

○「心のキズ」とは(なに)

  ・他人(たにん)自分(じぶん)自身(じしん)によって(う)けた「(くる)しみ、(かな)しみ、(おそ)れ」など

 

○「心のキズ」を(も)っているとどうなるか

  (例)《(にく)しみ》 (A) (ゆる)さない→(いか)り→犯罪(はんざい)

            (B) (なや)む→自己(じこ)卑下(ひげ)自信(じしん)喪失(そうしつ)

     自己(じこ)破壊(はかい) 

○「心のキズ」に(たい)してどうすればいいのか。

御霊(みたま)(み)は、(あい)(よろこ)び・平安(へいあん)寛容(かんよう)親切(しんせつ)善意(ぜんい)誠実(せいじつ)柔和(にゅうわ)自制(じせい)です。

(ガラテヤ(びと)への手紙(てがみ) 5(しょう)2223(せつ)

 ・御霊(みたま)がその(ひと)(はたら)くと、すべてが(か)わる。

  一番(いちばん)変化(へんか)(ただ)しい判断(はんだん)ができる能力(のうりょく)(う)まれる。なぜなら、(かみ)(ちから)御霊(みたま))が(はたら)くからである。

  「御霊(みたま)(う)けている(ひと)は、すべてのことをわきまえますが、自分(じぶん)だれってまえん。」(コリント(びと)手紙(てがみ) 第一(だいいち) 2(しょう)15(せつ)

    「御霊を受ける人」は、「すべてのこと」を判断(はんだん)る。

1、(いか)自己(じこ)卑下(ひげ)(みと)自分(じぶん)(つみ)告白(こくはく)

2、(じゅう)字架(じか)(ゆる)(あい)をいく。

   「もし、(わたし)自分(じぶん)(つみ)(い)(あらわ)ら、(かみ)真実(しんじつ)(ただ)しい(かた)(つみ)(ゆる)(あく)(わたし)さい」(ヨハネの手紙(てがみ) 第一(だいいち) (しょう)(せつ)